平成22年1月25日発行 B5版(全723頁)・上製本 価格¥9,720(消費税込・送料別)
ダム・堰、水門のゲート設備ごとにそれぞれの目的と用途に合った実務的な検査のマニュアルとして活用できます。

各種のゲート毎に検査の目的や考え方、検査方法、許容差を示してあります。これらについては国土交通省の検査や施工管理関係の図書と整合しており、更に分かりやすく解説したものです。

今回は超音波探傷試験について大幅に改訂するとともに、内容も充実しました。

今回の改訂では巻頭カラーで、ゲート設備工事の施工管理写真を取る際の見本を掲載しましたので、写真撮影の時期や撮影対象がよく分かるようになりました。
【 主な内容 】
巻頭カラーページ(12ページ)
第1章 総 則 第4章 ゲート設備
第1節 一 般 第1節 ダム用ゲート
第2節 基本方針 第2節 河川用ゲート
        
第2章  検査総論 第5章 付属施設
第1節 設計・施工審査 第1節 エレベータ
第2節 材料検査 第2節 インクラインおよびモノレール
第3節 原寸検査 第3節 ガントリクレーン
第4節 溶接検査 第4節 流木止設備
第5節 防食検査 第5節 係船設備
第6節 機器・部品検査 第6節 操作橋
第7節 仮組立検査 第7節 手摺・階段・防護柵
第8節 据付検査 第8節 堤内排水設備
第9節 設備総合検査  
第10節 寸法測定 第6章 総合検査およびその他
    第1節 総合検査
第3章 開閉および機器・部品 第2節 二次コンクリート
第1節 開閉装置
第2節 機器・部品